藤光はリレーのスペシャリスト!速水もこみち似の金箔スプリンターが日本を救った/世界陸上

 陸上・世界選手権第9日(12日、ロンドン)男子400メートルリレー決勝で、多田修平(21)=関学大、飯塚翔太(26)=ミズノ、桐生祥秀(21)=東洋大、藤光謙司(31)=ゼンリン=の日本は38秒04で昨年のリオデジャネイロ五輪2位に続く表彰台で世界選手権では初メダル。今大会の日本勢のメダル第1号となった。

 「去年で(現役を)終わることも一瞬考えたけど、支えてもらった方々のおかげで、いまここに自分がいる」

 彫りが深い顔以上に、走りで目立った。3走の桐生からバトンを受け取った藤光は、現役最後のレースとなったウサイン・ボルト(30)=ジャマイカ=が脚を痛め、会場が騒然とする中、フィニッシュラインだけを見すえて激走。スプリント大国の英国、米国に次ぐ堂々の3位に、喜びを爆発させた。

 俳優の速水もこみち似と知られ、近年はリレー要員として日本短距離を支えてきた“スペシャリスト”だった。2013年世界選手権(モスクワ)では山県亮太(当時慶大)が大会期間中に負傷離脱するや急遽、2走に入って6位入賞に貢献した。予選で2走を務めた2年前の前回大会(北京)は、まさかの予選落ち。今大会はケンブリッジ飛鳥(24)=ナイキ=が予選でアンカーとなったが、メダルのプレッシャーがかかる決勝では最終走者に抜てきされ、期待に応えてみせた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ