セリーナが1日に女児出産 来季から復帰の意向 四大大会で23度優勝

 女子テニスのトップ選手で23度の四大大会制覇を誇るセリーナ・ウィリアムズ(米国)が1日、米フロリダ州の病院で女児を出産した。スポーツ専門局ESPNなど米メディアが報じた。

 1月の全豪オープンを制し、オープン化以降の四大大会で単独最多の優勝記録を達成後は休養に入り、出産に備えていた。26日で36歳になる元世界ランキング1位のS・ウィリアムズは来季復帰する意向を示している。

 姉のビーナス・ウィリアムズ(米国)は全米オープンのシングルス3回戦に臨む直前のインタビューで「言葉で言い表すことはできない」と喜びを語った。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ