「ギロチンマッチ」でW杯に滑り込んだサッカー韓国代表 胴上げフライング? 本戦は諦めムード

 【スポーツ異聞】

 体たらくな試合内容に早くも本番は期待できないと非難の大合唱だ。9月5日に行われたサッカーの2018年ワールドカップ(W杯)アジア最終予選最終戦で、A組の韓国代表(世界ランキング49位)は敵地で格下のウズベキスタン(同64位)に0-0のスコアレスドローで2位を確保し、辛うじて本大会へ出場を決めた。韓国ファンはさぞや9大会連続出場を喜んでいると思いきや、最近2試合で無得点というぶざまな試合内容や、競争相手国の結果を待たずにフライングで胴上げしたことに「恥ずかしい」などと批判が渦巻いているというのだ。宿敵・日本に一足早く出場権を得られ「うらやましい」と嘆息。韓国メディアの中には来年6月の本戦を「快く期待するのは難しい」と諦めムードが漂っている。

 日本時間の9月6日午前0時に一斉にキックオフされたA組の最終戦。中央日報によると、韓国は前半、1本も有効なシュートがなかった。8月31日の本拠地でのイラン戦でゴール枠に飛んだシュートが0本で、総シュート数が5本に過ぎなかった。昨年10月のアウェーでのイラン戦でも枠内シュートが0本で、散々、韓国メディアをにぎわせたが、これだけ繰り返すとなると一過性の問題ではない。根本的な得点能力不足といえ、インターネットには成績不振で今年6月に解任された「ウリ・シュティーリケ前監督の責任ではない」という書き込みがなされた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ