意外な弱点も 清宮幸太郎、中村奨成、安田尚憲…高校ビッグ3の揺れる評価

 【スポーツ異聞】 

 カナダのサンダーベイで開催中の野球のU-18(18歳以下)ワールドカップ(W杯)で注目を集める高校日本代表のビッグ3、清宮幸太郎内野手(東京・早実3年)、中村奨成捕手(広島・広陵3年)、安田尚憲(ひさのり)内野手(大阪・履正社3年)。今秋のドラフト候補間違いなしの3人だが、ここに来て、評価が揺らぎ始めている。

 9月2日の米国戦で、強力打線がわずか2安打で0-4の零封負け。中でも、3番・安田、4番・清宮に当たりは出ず、清宮は4打数ノーヒット。中村は二塁への悪送球など、精彩を欠いた。3日のキューバ戦では、中村はスタメンマスクから外され、4番・清宮は3番・安田が敬遠され、自らが勝負される始末。ここに来て、疑問符がつき始めた。

 米国戦には、米大リーグと日本のプロ野球のスカウトが集結。ネット裏から熱い視線を送った。しかし、いいところを見せることはできなかった。

 ある在京セ・リーグの球団関係者は「3人ともドラフトでは1位候補。清宮はスター性があるし、中村は捕手というポジションが魅力。安田は外れ1位かもしれないが、上位で消える」と断言するが、雲行きが怪しくなってきたのは事実だ。

 今夏の甲子園は“打高投低”とされ、例年と比べ、投手のレベルが高くなかったのは明らか。スピードガンで球速が150キロの大台を超えたのは、優勝した花咲徳栄(埼玉)の清水達也投手ら、ごくわずか。昨年は優勝投手の今井達也投手(栃木・作新学院-ドラフト1位で西武)、藤平尚真投手(横浜-ドラフト1位で楽天)、寺島成輝投手(履正社-ドラフト1位でヤクルト)、高橋昂也投手(花咲徳栄-ドラフト2位で広島)ら速球派がゴロゴロしていたのとは大違いだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ