張本氏、桐生の9秒台は「こんなに早く出るとは思わなかった」 陸上

 野球評論家の張本勲氏(77)が10日、TBS系「サンデーモーニング」(日曜前8・0)の名物コーナー「週刊・御意見番」に登場。9日に行われた陸上の日本学生対校選手権男子100メートル決勝で、桐生祥秀(21)=東洋大=が追い風1・8メートルの条件下、日本人で初めて10秒の壁を突破する9秒98で、3年連続3度目の優勝を果たしたことについて言及した。

 「(9秒台達成を)やるとは思っていたけど、こんなに早く出るとは思わなかった。(個人種目で)世界選手権に出られなかった意地もあったのでは。ボルトの世界記録(9秒58)を目指してがんばってもらいたい」とエールを送った。

 桐生は京都・洛南高3年だった2013年に10秒01をマークして注目を集め、15年には追い風参考で9秒87を記録。昨年6月にも2度目の10秒01で走っていた。9日に伊東浩司が1998年アジア大会で出した10秒00の日本記録を19年ぶりに更新した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ