日馬富士、早くも2敗目 阿武咲、琴奨菊ら5人が全勝

 大相撲秋場所4日目(13日、両国国技館)横綱日馬富士は北勝富士に寄り切られ2敗目。大関豪栄道は栃ノ心を下し3勝目を挙げた。阿武咲は大関照ノ富士を引き落として4連勝。琴奨菊も嘉風を小手投げで破り全勝を守った。

 日馬富士は低く当たると右を浅く差して土俵際まで攻め込んだが、北勝富士は頭を押さえつけながら回り込み、体を入れ替える。日馬富士は北勝富士に左を差されると、寄り立てられてこらえきれず土俵を割った。豪栄道は立ち合いで左に大きく変化。体勢を崩した栃ノ心を難なく押し出した。

 阿武咲は頭から当たって照ノ富士の上体を起こすと、鋭く引き落とした。かど番の照ノ富士は3敗目。琴奨菊は嘉風に左下手を取られたものの、その差し手を抱えて右からの小手投げを繰り出して土俵にはわせた。他に勝ちっ放しは千代大龍、貴ノ岩、大栄翔。

 三役同士の一番は玉鷲が立ち合いから一気に押すと、土俵際で御嶽海が突き落とし。軍配は御嶽海に上がったが物言いがつき、御嶽海の足が出るのが早く、差し違えで玉鷲の勝ちとなった。玉鷲は対御嶽海9戦目で初の白星。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ