“呪われた秋場所”故障者続出の異常さ 過密巡業で協会は潤うが…懸賞忘れられた高須院長はブチ切れ

 大相撲秋場所(東京・両国国技館)は上位番付に故障が続出する異例の事態となって混乱している。2日目(11日)に初優勝を狙う大関高安(27)、西前頭4枚目の宇良(25)が相次いで負傷。ともに車いすで退場する衝撃的な場面が連続した。2人とも3日目から休場することが決定。3横綱1大関が休場するのは1999年春場所以来18年ぶりで、ほかにも序盤から苦戦する人気力士が目立つ。揚げ句に日本相撲協会の懸賞のつけ忘れというボーンヘッドも発覚。人気沸騰中の大相撲だが、一転凋落とも背中合わせだ。

 おはらいをしてもらった方がいいのではないか。

 まずは小兵の業師で人気のある宇良が、幕下時代から通算1勝6敗だった苦手の貴景勝に一気に突き出され、この際、痛めていた右膝を悪化させた。

 「膝がずれた。あー、終わった…」と悲痛な声。車いすで診療所へ向かった。先場所の名古屋場所で右膝を痛め、「せっかく伸びてきた個性派なのに、無理をさせれば力士生命に関わる」(協会関係者)と休場を勧める声が上がっていたが、最悪の事態に。休場は2015年春場所の初土俵以来初めてとなる。

 さらに、その4番後に大きな衝撃が待っていた。優勝候補に挙げられていた高安が、小結玉鷲(32)に一気に押し出された。このとき高安は右太腿を痛め、勝った玉鷲も右足首をひねって、いずれも動けなくなるダブルノックダウン。玉鷲は足を引きずりながら自力で引き揚げたが、高安は車いすを呼ぶしかなかった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ