ソフトバンク、オリックスに完敗 自力でM減らせず、バンデンハークはオリックス戦初黒星

 (パ・リーグ、ソフトバンク2-5オリックス、21回戦、ソフトバンク15勝6敗、13日、ヤフオクD)優勝へのマジックナンバーを4としていたソフトバンクはオリックスに完敗。マレーロに3打席連続本塁打を被弾したソフトバンク先発のバンデンハークは、15年の来日以来オリックス戦初黒星を喫した。オリックス先発の金子は7回4安打2失点で11勝目(7敗)。

 オリックスは二回、先頭の6番・マレーロが左中間スタンドに運ぶ14号ソロを放ち先制。ソフトバンクもその裏、一死から5番・デスパイネの左翼席にライナーで飛び込む31号ソロで追いついた。

 オリックスは四回無死二塁からマレーロが左中間ホームランテラスへ2打席連続となる15号2ランを放ち勝ち越し。さらに一死一、三塁から1番・小島が中犠飛を放ち加点した。

 さらにオリックスは六回、先頭のマレーロが左中間スタンドへ3打席連続となる16号ソロを放り込み差を広げた。ソフトバンクは七回に一死満塁のチャンスを作ったが、併殺崩れの間に1点を返すにとどまった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ