広島、12点大勝でM2! 14日にもリーグ連覇!!

 (セ・リーグ、広島12-4DeNA、22回戦、DeNA12勝10敗、13日、マツダ)広島は14安打12点の猛攻でDeNAに大勝。2位・阪神が敗れたため、優勝へのマジックナンバーを2つ減らし「2」とした。一回に2点を先制されたものの、打線がその裏に打者一巡で6点を奪って逆転。先発した中村祐は3回3失点で降板したものの、中継ぎ陣が踏ん張り、DeNAの反撃を4点に抑えて逃げ切った。14日の試合で広島がDeNAに勝ち、阪神が巨人に敗れると、広島のリーグ連覇が決まる。

 広島は一回に2点を取られた直後の攻撃で、鮮やかに逆転した。先頭の田中が左翼席へ7号ソロを放つと、菊池の二塁打などで二死一、三塁とチャンスを広げ、6番・安部の左前適時打で2-2。さらに一、二塁から岩本、田中の適時打などで6-2と試合をひっくり返した。

 四回から登板の九里が2回2失点だったものの、六回からはジャクソン、一岡が無失点とした。

 打線は六回無死一、二塁から菊池の右翼線2点二塁打で8-4とリードを広げた。さらに一死満塁から安部、岩本の連続適時打でなどで12-4とした。

 終盤は八回を中田、九回を今村が抑えた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ