岩佐「本当に長かった」 小国から計3度のダウンを奪う完勝も「たまたま僕の日だった」

 プロボクシング・IBF世界Sバンタム級タイトルマッチ(13日、エディオンアリーナ大阪)同級3位の岩佐亮佑(27)=セレス=が、王者・小国以載(29)=角海老宝石=に6回TKO勝ち。2度目の世界挑戦で念願のベルトを手にした。

 小国から計3度のダウンを奪う完勝だった岩佐は、「本当に長かった。ここまでくるのは長くて大変だったけど、応援してくれる人がいっぱいいたおかげで世界のトップに立てた」と感慨深げ。千葉・習志野高時代にも小国と対戦し、圧勝していたが、「このベルトは本当に価値がある。巡り合わせ小国チャンピオンと対戦できた。たまたま僕の日だった」と相手をたたえた。

 2015年6月に挑んだIBF世界バンタム級暫定王座決定戦ではリー・ハスキンス(イギリス)に6回TKO負けを喫し王座を逃した。「世界チャンピオンになるといわれて、もう数年もたつ。なかなか順風満帆のボクシング人生じゃないけど、世界王者になることができた」と喜びを爆発させていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ