片山晋呉、通算32勝目へ5位浮上「パットがいい感じ」 国内男子

 トップ杯東海クラシック第3日(30日、愛知・三好CC西C=7325ヤード、パー72)首位に3打差の7位から出たツアー31勝の片山晋呉(44)=イーグルポイントGC=が6バーディー、3ボギーの69で回り、通算9アンダーで首位に2打差の5位に浮上。小平智(28)=Admiral、金亨成(37)=韓国=がともに70で回り、通算11アンダーで前日からの首位を守った。

 片山が3日連続の69で回り追い上げてきた。「予定通りですね。パットがいい感じでできています」と4番(パー4)では12メートルのバーディーパットを沈めた。2013年大会で優勝するなどコースとの相性はいい。「ここは何回も勝っている人がいない。最後の最後に神様が振り向いてくれた人が勝つコース」。ツアー通算32勝目へ気を引き締めた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ