卓球の五輪メダリスト、福原愛さんが第一子となる女児出産 母子ともに健康

 【台北=田中靖人】台湾紙、蘋果日報(電子版)は13日、五輪の卓球女子団体で2大会連続のメダルを獲得した福原愛選手(28)が台湾南部・高雄市の病院で第1子を出産したと伝えた。

 報道によると、出産したのは女児で、体重は2995グラム。福原選手は11日から陣痛が始まり、13日午前8時ごろ、自然分娩(ぶんべん)で出産した。母子ともに健康で、福原選手は授乳を始めているという。

 福原選手はリオデジャネイロ五輪後の昨年9月、リオ五輪台湾代表の江宏傑選手と結婚。今年6月に妊娠を公表していた。出産には江選手も立ち会った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ