不振続く石川遼に明日はあるのか!? 米ツアーのシード権逃し、日本オープンはプロ初の予選落ち

【スポーツ異聞】

 どうしたのだろう。もはや18歳の史上最年少年で賞金王に就いたかつての輝きは取り戻せないのだろうか。

 10月15日に閉幕した男子ゴルフの日本一決定戦、日本オープン選手権(岐阜県岐阜関CC=7180ヤード、パー70)に出場した石川遼(26)が通算9オーバーの97位という散々なスコア、順位で予選落ちした。初日は72の61位でスタート。巻き返しを期待された2日目はさらに悪く、2バーディー、7ボギー、1ダブルボギーと出入りの激しいゴルフで77と大乱調。石川の77は、パー70の国内ツアーでは2番目に悪いスコアで、かなり深刻な事態ということが分かる。

 2013年から本格的に参戦していた米ツアー。しかし、思うような成績を残せず、下部ツアーの入れ替え戦でも上位25位に届かず、2017~18年の出場権を失った。心機一転、昨季の最終戦「日本シリーズJT杯」(昨年12月)以来となる国内ツアーに臨んだが、現実は厳しいものだった。

 優勝したのが、かつてライバルとしてしのぎを削った池田勇太(31)。通算8アンダーで3年ぶり2度目の日本一に輝いた。2位に入ったのがアマチュアの金谷拓実(19、東北福祉大1年)。アマでは90年ぶりの優勝は成らなかったが、主役交代を印象づける形になった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ