メジャー挑戦表明(1)大谷、メジャーでの二刀流について「そういう環境があるのかどうか聞いてみたい」

 日本ハム・大谷翔平投手(23)が11日、東京都内で会見し、ポスティングシステムを利用した米大リーグ挑戦を表明した。

 大谷は報道陣の質問に答える前に、大リーグ挑戦の経緯を説明した。

 「昨日、球団の方に『ポスティングによるメジャー移籍をしたい』と気持ちを自分の口から伝えました。球団の方から温かい言葉をいただいたので、改めて『来年以降、アメリカの方で頑張りたい』と報告させていただきたい」

 「入団してから5年間、ファイターズでお世話になりました。自分が2つ(二刀流)やってきたことが球団にとって、日本球界にとってプラスになっているのか、悩んだこともありましたけど、温かく指導してくださったコーチの方々や、チームメートの皆さん、球団の方々、そして栗山監督。いろいろな人に支えられて、この5年間、1日1日大切にしながら進んでこられた。本当に感謝しかないですし、自分が球団に対して、日本球界に対して、恩返しできた部分があるのかは、正直わからないですけど、これから先も、そういう気持ちをもって頑張っていきたいという気持ちは変わらないです。それを踏まえて、きのう、球団の方にお話をさせていただきました。球団の方からは、本当に温かい言葉をいただいて、『応援しているよ』という気持ちをいっていただいて、本当にうれしく思いましたし、いろいろ5年間ありましたけど、本当にファイターズに入ってよかったなと思っています。本当にファンの方も含めて、5年間、ありがとうございました。また来年以降も、応援していただけたらうれしいですし、皆さんの思いも含めて、頑張っていきたいなと思っています」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ