巨人・岡本、『4番・三塁』で3の3!「意識してやった」

 巨人・岡本和真内野手(21)が11日、韓国・ハンファとの練習試合(宮崎)に「4番・三塁」でフル出場。3打数3安打で期待に応えた。

 「(首脳陣の)みなさんから『ヒットを打たなくていいから、今やっていることをしっかり出せ』といわれていた。意識してやりました」

 左翼へ2本、中堅へ1本の単打を放ち、1-11の大敗の中でも集中を切らさなかった。試合途中からバックネット裏の一室で老川オーナーと石井球団社長も見つめる中、成長の跡を見せた。

 このキャンプでは吉村打撃総合コーチから「練習では全球ホームランを狙え」と助言を受けた。前日10日には二岡打撃コーチに、上体が前に突っ込まないスイングを実演してもらうなど、打撃改造が続いている。

 「教えていただいていることが、そんなにすぐに自分のものになるとは思っていない」と岡本は好結果に浮かれない。試合後もチームで一番遅い午後6時半まで、練習を続けた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ