日馬暴行で激震…相撲協会、トラブル1週間知らず

 大相撲の横綱日馬富士(33)=伊勢ケ浜部屋=が10月の宴席で、東前頭8枚目の貴ノ岩(27)=貴乃花部屋=に暴行を加えて大けがを負わせていたことが14日、分かった。

 「場所中に申し訳ない」。日本相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)は言葉を振り絞るように言った。「今までいろいろな講習会を開き、脇を締めていたつもりだけど残念だ」。

 事件が表面化したこの日朝、協会は緊急に幹部を招集。九州場所を開催する福岡国際センターで対応を協議したほか、伊勢ケ浜親方らから事情聴取も行った。春日野広報部長によれば、理事長の指示で協会内の危機管理委員会を招集。外部理事を含め10人程度で調査を開始するとした。

 ただ、日馬富士に対する処分や調査結果は九州場所中に出ず、事実関係が判明するまで先送りされる見通しだ。

 疑問点は多く残っている。日馬富士は場所前に起こした問題を抱えたまま、2日間も土俵を務めた。トラブルがあったのは10月26日で、貴乃花親方は同月下旬には鳥取県警に被害届を提出していたが、協会側に報告はなかったとされる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ