川島永嗣は好守連発も1失点 「勝ちにいったので悔しい」 サッカー日本代表

 川島は好守を連発したが、失点シーンは完全に守備陣が崩されてなすすべがなかった。「勝ちにいったので悔しい。ただ、このレベルの国とどう戦えばいいのかを感じられた貴重な機会だった」と振り返った。

 R・ルカクの足元に恐れず飛び込んでセーブし、デブルイネのシュートを鋭い反応で防いだ。それでも勝利にはつながらず「ほんの少しの差だが、それを詰めていけるかがW杯の結果につながる」と表情を引き締めた。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ