1つのミスで失点 長友佑都「W杯だと勝ち点ゼロ」 サッカー日本代表

 【ブリュージュ(ベルギー)=小川寛太】粘り続けた守備陣が、個人技にしてやられた。後半27分、右サイドでドリブルを仕掛けてきたベルギー選手を守備陣が止められずクロスを上げられると、遠いサイドにいた相手エースのR・ルカクに押し込まれた。「一瞬全員が気を緩めてしまって、中に入られてしまった」と吉田。1つのミスが命取りになった。

 ブラジル戦とは見違える守備を見せた。立ち上がりから前線から積極的に奪いにいくときと、引いてブロックを作るときをうまく使い分けた。ブロックもディフェンスラインが下がりすぎないことで陣形を小さくし、強力なベルギー攻撃陣にスペースを与えなかった。

 確かにベルギーは、ブラジルより選手の連動性やパススピードは劣っていた。一部主力が欠場したとはいえ、質の高い選手がそろう相手に連係で崩される場面を与えなかった。「ブロックを作ればある程度の相手でもボールを奪えることを証明した」とハリルホジッチ監督は満足げに話した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ