日体大、37年ぶり2度目V 東妻が星槎道都大を2安打完封 神宮大会

 明治神宮野球大会最終日は15日、東京・神宮球場で大学の部決勝が行われ、日体大(関東(1))が星槎道都大(北海道)を3-0で下し、1980年以来37年ぶり2度目の優勝を飾った。

 日体大は五回に3番・船山貴大内野手(3年)が先制の左越え2ランを放ち、六回にも加点。投げてはプロ注目右腕・東妻(あづま)勇輔投手(3年)が2安打完封した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ