大谷先輩、清宮を心配…二刀流より高校通算111発の方が「プレッシャー」

 米大リーグ挑戦を正式表明した日本ハム・大谷翔平投手(23)が17日、千葉・鎌ケ谷市の2軍施設で練習し、入団が決まったドラフト1位・清宮幸太郎内野手(18)=早実高=にエールを送った。入団から5年で夢を実現させた二刀流は、同じ夢を抱く後輩について「すごくプレッシャーがかかる中でやっていかないといけない。頑張ってほしい」と語った。

 静かな室内練習場に、乾いた打球音が響く。右足首手術からの復活を目指し、リハビリ中の大谷がギアを上げた。

 「100では振っていないけど、徐々に上がっていると思います」

 トスバッティングでは背筋を伸ばしたフォームやオープンスタンスに挑戦した。ネットスローはスマートフォンで撮影してもらい、何度もフォームを確認。内容はリハビリを超えて練習の域に入ってきた。

 楽しみにしている後輩がいる。前日16日に仮契約を終えたドラフト1位・清宮だ。「大谷選手のように、誰にどう言われても自分の決めた目標や信念をこれからも貫きたい」と話した18歳の話題になると、「頑張ってほしいなと思う。期待される選手だと思うので」とすぐにエールを送った。

 ともに高校時代から期待され、将来は大リーグを目指すなど共通点は多いが、大谷は「彼はずっと注目されて、ここまできた。僕はどちらかというと、(二刀流は)できないだろうということばかりだったので、特にプレッシャーもなくやれた」と違いを強調。「そういう意味では(清宮は)すごくプレッシャーがかかる中でやっていかないといけないんじゃないかと思う」と心配した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ