松井氏、ヤ軍の大谷獲りへ出馬も!二刀流後押し「やらない理由ない」

 【ニューヨーク19日(日本時間20日)】米大リーグ、ヤンキースのゼネラルマネジャー(GM)特別アドバイザーを務める松井秀喜氏(43)が野球教室を開催。ヤ軍のために、ポスティングシステムによるメジャー移籍を表明した日本ハム・大谷翔平投手(23)の獲得に一役買う考えを示した。大谷の移籍先として最有力視されるヤ軍にとって、松井氏の存在は強力な切り札になる。

 大谷争奪戦に挑むヤンキースのジョーカーは、松井氏だ。日本出身のヤ軍OBとして、最もチームを理解する男が“参戦”する考えを明かした。

 「球団から(交渉役の)要請があれば、私はチームの一員ですから、協力することになるでしょう」

 ニューヨークで開催した野球教室には、米メディア4社も集結。その中の1つ、ニューヨーク・ポスト紙(電子版)は松井氏のコメントを掲載。さらに「大谷獲得への秘密兵器になるかもしれない」との見出しを付けて報じた。

 「(勧誘役には)僕より(通算652セーブの)マリアノ(リベラ)くらいをかり出した方がいいと思うけどね。僕では、ちょっとインパクトが弱いでしょう」

 謙遜するが、ヤ軍のGM特別アドバイザーという肩書が、松井氏の背中を押す。同アドバイザーの役割は多く、米タンパでのキャンプでは練習をアシスト。シーズン中は主に傘下マイナーを巡回し、若手の指導にあたっている。キャッシュマンGMに請われれば、日本選手を含めて、選手の実力分析などで助言することもある。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ