金庚泰が首位、谷原秀人ら2位 最終戦・JTカップ第2日 男子ゴルフ

 男子ツアーの今季最終戦、日本シリーズJTカップは1日、東京よみうりCC(7023ヤード、パー70)で第2日を行い、2015年賞金王の金庚泰(韓国)が68で回り通算5アンダーの135で首位に立った。2打差の2位に谷原秀人、片山晋呉、今平周吾、稲森佑貴、H・W・リュー(韓国)、スンス・ハン(米国)が並んだ。

 優勝すれば賞金王に決まる宮里優作は連日の69で通算2アンダーの8位。賞金ランキングトップの小平智は22位、同4位の池田勇太は26位に沈んだ。賞金3位のチャン・キム(米国)は腰痛のため棄権。今大会は予選落ちなしで行われる。(賞金総額1億3000万円、優勝4000万円)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ