打率トップ5独占!“左打者天国”のパ、「左腕不足」の現状も要因か

 【プロ野球実況中継】

 NPB(日本野球機構)の公式記録員の方に面白い話を聞きました。「今季のパ・リーグ打率ランキングは、首位打者の秋山から、柳田、茂木、西川、銀次と続いています。共通点、お分かりになりますか? 全て左打者なんです」

 右の好打者・内川がケガで戦線離脱した追い風?もありましたが、左打者がベスト5を独占したのはパ・リーグ史上初。ここ5年間の打率上位5人を見ても、2013年こそ左打者は2人でしたが、実に計25人中19人が左打者。左打者天国が続いています(セ・リーグは25人中8人)。

 もちろん左の好打者が多いこともありますが、俗に左打者が苦手とする左の好投手がパ・リーグに少なくなったことも要因ではないでしょうか。

 今季のパ・リーグで規定投球回数に到達した投手(計13人)の中で左腕は菊池雄星投手1人。大谷、則本、金子、涌井らに代表されるように、右の好投手は枚挙にいとまがありませんが、左腕の好投手は少なく、パ・リーグでここ5年間に防御率ベスト10に入った左腕は50人中わずか5人だけ(菊池2回、和田、辛島、吉川)。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ