ハリル監督「困難でも勝つトライを」 E-1選手権 サッカー日本代表

 サッカーの東アジアE-1選手権に出場する日本、韓国、中国、北朝鮮の男子代表監督が7日、東京都内でそろって会見し、日本代表のハリルホジッチ監督は9日の初戦に向けて「いろんな困難があっても、勝つトライをしないといけない」と意気込んだ。

 国内組は貴重なアピールの場となるが、6日の練習で清武(C大阪)が脳震盪(のうしんとう)を起こすなどケガ人が続出。監督は「昨日、一昨日といい練習ができたので残念」と悔やみ、清武に代えて土居(鹿島)を招集した。

 前回覇者の韓国の申台竜監督は「2連覇を狙いたい」と話し、中国のリッピ監督は「新しい選手が加わり、実験的な大会」と位置づけを説明。核・ミサイル問題を抱える北朝鮮のアンデルセン監督は「十分準備してきた。ベストを尽くしたい」と強調した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ