前ヤクルト・今浪氏が久保田スラッガー東京支店で一日店長 16日に“引退後初仕事”

 日本ハム、ヤクルトで活躍し今季限りで現役引退した今浪隆博氏(33)が“初仕事”だ。12月16日の午後12時から4時(予定)まで、久保田スラッガー東京支店(東京都渋谷区千駄ヶ谷2の32の1)に来社し、「一日店長」を務めることが決まった。

 「沢山の皆様のご来店をお待ちしています」と今浪。11年間の現役生活を支えてくれたファンに感謝の思いを込め、当日は写真撮影やサインにも応じる予定だという。

 今浪は平安高から明大を経て2007年、大学・社会人ドラフト7巡目で日本ハム入り。14年にトレードでヤクルトへ移籍した。通算405試合で打率・261、3本塁打、69打点。

 クレバーなプレーで存在感を示し、両球団でリーグ制覇を経験。お立ち台での受け答えなど独特のユーモアでファンにも愛された。11月23日のヤクルトファン感謝デー(神宮)であいさつをしたが、『今浪チルドレン』に直接感謝を伝える場として、明大時代からグラブを使い続けてきた同社での「一日店長」が決まった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ