大谷翔平が入団するエンゼルスとは…エース級投手、左の強打者が不在 二刀流にふさわしいチーム事情

 1961年にロサンゼルス・エンゼルスとして創設された。その後カリフォルニア・エンゼルス、アナハイム・エンゼルスと名称を変更し、2005年からロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイムとなった。ウォルト・ディズニー社がオーナーだった時期もある。ア・リーグ西地区に所属する。

 00年から指揮を執るソーシア監督の3年目の02年にワールドシリーズ初制覇。04年以降は6度の地区優勝を果たしているが、ここ3年はプレーオフ進出を逃している。今季も80勝82敗で地区2位に甘んじた。

 打線はリーグ最優秀選手に2度輝いたトラウト、通算614本塁打のプホルス、今オフに5年間契約延長したアップトンら右の強打者が並ぶ。一方でエース級の投手が不在で、左の強打者も少ない。大谷翔平が投打の二刀流で力を発揮するには最適のチーム事情といえる。

 日本選手はこれまでに長谷川滋利、松井秀喜、高橋尚成が所属した。本拠地はエンゼルスタジアム。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ