エ軍・ソーシア監督、大谷の二刀流起用明言!まずは先発投手&DH

 【アナハイム(米カリフォルニア州)9日(日本時間10日)】米大リーグ、エンゼルスへの入団を決めた大谷翔平投手(23)は、本拠地・エンゼルスタジアムで記者会見に臨んだ。「優勝を目指す」と力強く語り、メジャーで同一シーズン2桁勝利、2桁本塁打を達成したベーブ・ルースにも言及した。記者会見にはマイク・ソーシア監督(59)、ビリー・エプラーGM(42)が同席。二刀流実現へ、具体的な起用プランを明かした。

 大谷のメジャーでの二刀流挑戦が、現実のものとして動き出した。

 「もちろん二刀流としてプレーさせるつもりだ。それは間違いない」

 本拠地球場の正面広場で行われた記者会見。2000年からエンゼルスを指揮する監督通算1570勝の名将、ソーシア監督が明言すると、約1000人のファンから大歓声が起こった。

 会見後にはエプラーGMも「面談で大谷にプランを示した」と二刀流での起用を前提に獲得交渉を続けてきたことを明かし「(代理人からの連絡に)いすから転げ落ちた。自分がGMに就任すると知ったときより興奮した」と喜びを表した。

 同GMは二刀流成功に向けた起用プランにも言及した。まず「当面、外野手として起用することは考えていない」と「DH」だけで起用し、守備に就かせる可能性を否定。さらに「例えば『先発』『休み』『DH』『休み』『休み』『先発』、あるいは『先発』『休み』『DH』『休み』『DH』『休み』『先発』という感じだ」と続けた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ