目指すはメジャーリーガー 女子ならゴルファー どのプロスポーツが最も稼げるか?

【スポーツ異聞】

女子プロゴルフの鈴木愛は1億4000万円を稼ぎ賞金女王になった(林俊志撮影)

女子プロゴルフの鈴木愛は1億4000万円を稼ぎ賞金女王になった(林俊志撮影)

 我が子にどのスポーツをさせるか? 息子や娘など、子供を持つ親ならば、そう悩んだ経験がおありだろう。せっかくスポーツをやらせるのであれば、将来、高校、大学と進んで、さらにはプロとして職業にできるのなら、なおさら歓迎ではないだろうか。もちろん、「お金がすべて」などと野暮なことは言わないが、どの競技が儲かるのか調べてみたので、参考にしてください。

 プロスポーツといって思い浮かべるのは、何といってもプロ野球選手ではないだろうか。今オフ、契約更改交渉が続々と行われているが、オリックス・金子千尋投手(34)の5億円が最高だ。

 日本一になったソフトバンクの柳田悠岐外野手(29)は3年12億円プラス出来高払いの大型契約で更改。年俸なら、4億円になる。ほかにも、プロ野球の場合、4億円プレーヤーは大勢おり、阪神の糸井嘉男外野手(36)、鳥谷敬内野手(36)らもそうだ。

 米大リーグは日本のプロ野球とは比べものにならないほど破格で、田中将大投手(29)の年俸は2200万ドル(約24億7500万円)。フリーエージェントになったダルビッシュ有投手(31)は約28億円という米国内の報道もある。

次ページ一方、日本プロ野球選手会が2017年5月に発表した17年度の平均年俸は…

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ