青森山田、連覇へ貫禄!エースの郷家が2発 高校サッカー

 第95回全国高校選手権2回戦(2日、青森山田5-0草津東、フクアリ)2連覇を目指す青森山田が5発発進。先制点など2ゴールの背番号10、MF郷家が胸を張った。

 「ボールが(DFを)越える瞬間しか見えなかった。入ってよかった」

 前半37分、MF檀崎の左クロスに1メートル85の長身を生かしてヘディングシュート。後半8分には相手DFをかわしてねじ込んだ。U-18日本代表に名を連ねるエースは前回大会の初戦と同じ2得点に「頭でも足でも点が取れるところを見せられてよかった」。

 今大会では、J1清水内定の神村学園(鹿児島)MF高橋やJ1・C大阪内定の長崎総合科学大付FW安藤らプロ入りする選手たちがゴールを決めていた。昨年12月31日の開会式。郷家は安藤と顔を合わせ、「ともに勝ち上がって対戦しよう」と約束した。

 3日の3回戦で安藤との対戦が実現する。「得点を重ねていきたい」。まだ通過点。視線はその先へと向いている。 (一色伸裕)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ