ノムさん、伊藤智仁氏に25年ごしの謝罪「俺が邪魔したみたいだ。申し訳ない」

 サンケイスポーツ専属評論家の野村克也氏(82)が、3日放送のTBS系「消えた天才 ~一流アスリートが勝てなかった人大追跡SP~」(後6・0)で、今季ルートインBCリーグの富山GRNサンダーバーズの監督に就任することが決まっている伊藤智仁氏(47)と対談。25年間抱え続けた後悔の念と謝罪の弁を述べた。

 伊藤氏は1993年、ドラフト1位でヤクルトに入団。真横に滑ると評された高速スライダーなど武器に1年目は球宴前までに7勝2敗、防御率0・91。平均奪三振は1試合10個を超えていた。93年6月9日の巨人戦で16奪三振をマークしながら、九回に篠塚和典にサヨナラ本塁打を浴びたシーンは今も語り継がれている。

 しかし、同年7月。右肘に痛みが走った。右肘靱帯を損傷。その後過酷なリハビリ生活を余儀なくされたが、97年に守護神として復活。98年から3年間は先発の一角を担った。しかし、右肩の手術を3度受けるなど11年の現役生活で通算37勝。93年の野村監督による酷使の影響との批判の声も挙がった。

 再会の舞台はヤクルトの2軍が使用している埼玉・戸田球場。ベンチで待つ野村氏を見つけた伊藤氏は緊張した面持ちでベンチへ向かった。

 再会後、互いにあいさつを交わしたものの、2人きりでの会話は初めてということもあり、しばらく沈黙。そんな中、野村氏が発した「感謝」の一言が、雰囲気を和ませた。「伊藤さんのおかげで、優勝監督にもなれた。日本一も味わわせてもらった。伊藤様さまだよ」。伊藤氏の顔に笑みが広がった。

 野村氏はさらに、「結果的には(ドラフト会議で)松井秀喜を獲らずに伊藤で大正解だよ」と強調。伊藤氏は「僕、ヤクルトのスカウトと会ったことなかったんで、(ドラフト)当日指名されてビックリしました」と明かし、野村氏は「なかったんか? それは失礼しました」と笑顔で頭を下げた。

 そして、野村氏が新人当時の伊藤を酷使したことに触れた。「責任は俺かな、とすごく思っていた。使いすぎたかな…」と後悔の言葉を並べ、「すごい申し訳ない。それだけは謝りたい。間違いなく俺以外の監督の下なら、記録は絶対に残しているよ。俺が邪魔したみたいだ。申し訳ない」と後悔した。

 野村氏の謝罪にしばらく言葉が出ない伊藤氏。スタッフが「いかがですか」と話を向けると、「(けがは)自分の責任だと思ってますし。そういう風に、特に思ってほしくない」ときっぱり。「僕はあそこ(の場面)で代えられたら嫌だった。マウンドを降りるほうが嫌だった。ピッチャーは先発したら完投するのが当たり前の時代だったんで、何球投げようが関係ないですよね。その試合は先発として最後まで投げるのが使命だと思うんですよね」と自身の野球に対する思いを述べ、野村氏の顔を見ながら「何とも思ってませんから、監督」と言い切った。野村氏はこの言葉に「ありがたい」とほっとした表情を浮かべた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ