1軍キャンプ内定や!阪神D3・熊谷、“井端級守備力”で「元気出して」アピール

 阪神のドラフト3位・熊谷敬宥(たかひろ)内野手(22)=立教大=が12日、第2クール初日にキレのある動きを披露した。視察に訪れた高代延博作戦兼総合コーチ(63)は2月の春季キャンプについて、1軍スタートを明言。いきなり両打ちに挑戦している若武者は、自慢の守備でアピールして、1軍定着を誓った。

 1軍宜野座キャンプ行き切符の“内定”を真っ先につかんだのは、D3位の熊谷だった。自慢の守備力で、1軍首脳陣に猛アピールを誓った。

 「守備をまずアピールしたいです。どこでも守れることを見せないと、1軍にいられないので」

 第2クール初日。キャッチボールやダッシュで汗を流す新人たちに熱視線を送る人物がいた。視察に訪れた高代作戦兼総合コーチだ。動きにキレの出てきた熊谷について「目に飛び込んできた」とうなり「つれていく方針」と春季キャンプ1軍スタートを明言。1月下旬のコーチ会議を経て、正式に決まる見通しだ。

 「どこでも守る」と鼻息の荒い熊谷だが、本職は遊撃だ。今季の阪神では西岡、糸原、北條、植田ら個性派がひしめく超激戦区。同コーチは「(似たタイプの)植田もいるけど、競争やし、ルーキーがいい存在になる」と期待を込める。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ