沙羅3位…歴代単独最多54勝目は持ち越し 伊藤は4位 ジャンプ

 ノルディックスキー・W杯ジャンプ女子個人第5戦(13日、札幌市宮の森ジャンプ競技場)平昌五輪代表の高梨沙羅(21)=クラレ=は93・0メートル、93・0メートルの合計238・2点で3位に終わった。ジャンプの男女を通じて歴代単独最多となる通算54勝目は持ち越しとなった。

 高梨は今季はこの一戦の前まで、W杯4戦で3位が2度と苦戦していた。前日の予選では95メートルの126・3点でトップの得点をマーク。復調ムードだったが、ライバル2人の壁は高かった。台頭するマーレン・ルンビ(23)=ノルウェー=が252・9点で優勝し、カタリナ・アルトハウス(21)=ドイツ=が248・6点で2位に入った。

 五輪代表の日本勢では伊藤有希(23)=土屋ホーム=は93・5メートル、91・5メートルの237.3点で4位に入った。勢藤優花(20)=北海道ハイテクAC=は11位、岩渕香里(24)=北野建設=は1回目でスーツの規定違反で失格となり2回目に進めなかった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ