イチローをクビにしたマーリンズCEOのジーター氏 200万ドルのでっかいボーナス

 「50歳まで現役」を公言していたイチロー外野手(44)を、チーム大改革の旗印の下で解雇したマーリンズで、CEOを務めるのが共同オーナーでもあるデレク・ジーター氏(43)。選手として活躍したヤンキース時代から紳士として知られるが、どうも風向きが変わってきた。主力を相次いで放出するなど強硬な政策が反感を呼び、「カネの亡者ではないのか」との声が大きくなるばかりなのだ。

 マーリンズの地元紙マイアミ・ヘラルドが衝撃的なニュースを報じた。「ジーター氏はマーリンズを黒字に転じさせたら、さらなる金銭的な報酬を得る」というのだ。金額は今季達成できれば200万ドル(約2億2400万円)。来季以降もこのインセンティブは設定されていて、2022年までに計880万ドル(約9億8600万円)に達する。

 マーリンズの買収に2500万ドル(約28億円)を投じたとされるジーター氏は、CEOの職務で年俸500万ドル(約5億6000万円)を手にすることになっていた。「本給」と「ボーナス」を合わせると、4年あまりで投資額を回収できることになる。

 その見返りは中心になって作成したマーリンズの再建計画。その名も「ウォルフライン・プロジェクト」。ウォルフラインとはジーター氏が育ったミシガン州などに生息するイタチの一種のこと。選手の年俸などの大幅縮減と観客動員の増加、テレビ放映権料の増大を柱にしているという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ