進退かける!稀勢の里ついに決断、稽古再開し悲壮な決意「覚悟を決めて」

 大相撲の初場所を途中休場し、5場所連続休場となった横綱稀勢の里(31)が24日、次に出場する場所では進退をかけると明言した。不本意な成績に終われば引退する覚悟を自ら示した。横綱が自らの進退について直接言及するのは極めて異例。稀勢の里はこの日から、東京・江戸川区の田子ノ浦部屋で稽古を再開した。

 重く、固い決心を胸に刻む。現在開催中の初場所を途中休場した稀勢の里が再起へ向けて稽古を再開したこの日、次に出場するときの進退について、自ら言及。退路を断つ意向を口にした。

 「(次の出場場所では進退だと)思っている。それは。次は覚悟を決めて、と思っている」

 初場所では序盤戦で崩壊した。5日目まで3つの金星を配給し、4敗を喫する不振で休場。横綱在位6場所で皆勤はわずか1場所だけとなり、3月の春場所以降、進退を問われかねない状況へ追い込まれた。

 年6場所が定着した昭和33年以降、横綱の5場所連続休場は大鵬と並び歴代5位の不名誉な記録だ。場所前(5日)、横綱審議委員会の稽古総見では、北村正任委員長(76)=毎日新聞社名誉顧問=が2勝6敗と精彩を欠いた稀勢の里に「けがが治り切らず、15日間は続けられないというのならば、出ない方がいい」。全休しても進退を問わない温情ともいえる見解を示した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ