【魅惑アスリート】SNSで注目のテニス美女、キャロリン・ガルシア24歳 「世界で1位になる」と予想される実力派

 ガルシアが注目された最初は2011年の全仏オープン2回戦ではないか。当時17歳。すでに女子テニス界の実力者であったマリア・シャラポワ(30、ロシア)から6-3で第1セットを奪い、第2セットも一時4-1とリードし、観客を興奮させた。

 興奮したのはファンばかりではなかったようだ。海外のテニス専門ニュースサイトは1月21日付で「キャロリン・ガルシアはWTPで最も興味をそそられる選手かもしれない」と題し、シャラポワとの一戦を見た男子で元世界1位で四大大会3勝のアンディ・マリー(30、英国)が、フランス以外の人にほとんど知られていない10代の若者が「世界で1位になるだろう」と大胆な予想をしていたと伝えた。そして、同サイトは「マリーが正しいことが間もなく証明されることにおそらく同意することでしょう」と論評した。

 2016年8月のリオデジャネイロ五輪で、女子ダブルス1回戦で敗れた際、ウエアはパートナー同士で同じ色を着なければならないという五輪規定をフランス・テニス連盟から知らされなかったと批判したが、連盟の信頼を損ねたなどの理由で国別対抗戦の出場権を剥奪されるなどの措置を受けた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ