平昌五輪日本代表の勢藤理桜が優勝 全国高校スキー女子

 全国高校スキー大会第2日は5日に行われ、北海道名寄市での公開競技の女子ジャンプ(ヒルサイズ=HS100メートル)は、平昌冬季五輪日本代表の勢藤優花の妹、勢藤理桜(北海道・下川商)が88メートル、84・5メートルの合計205・0点で初優勝した。男子は西森海翔(北海道・下川商)と竹花大松(北海道・東海大札幌)が合計232・5点で同点優勝となった。

 岐阜県高山市でのアルペン男子大回転は今颯人(北海道・旭川明成)が合計タイム2分8秒49で制した。距離は郡上市でフリーが実施され、男子(10キロ)は羽吹唯人(新潟・十日町総合)が27分47秒5で2連覇を達成。女子(5キロ)は横浜汐莉(青森・野辺地)が14分34秒8で勝った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ