平昌五輪 男子はいずれも準決勝進出を逃す ショートトラック男子1500メートル予選

 平昌冬季五輪は大会第2日の10日、江陵アイスアリーナでショートトラック男子1500メートル予選を行い、日本勢は出場した3選手全員が準決勝進出を逃した。

 吉永一貴(愛知・名古屋経大市邨高)は4組で失格。横山大希(トヨタ自動車)が1組4着、渡辺啓太(阪南大職)が5組4着となり、いずれも敗退した。(五輪速報班)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ