平昌五輪 スノボ男子ハーフパイプ予選 金メダル候補の平野歩夢、2回目は95・25 圧巻のパフォーマンスで暫定トップ

 平昌五輪は大会第5日の13日、フェニックス・スノーパークでスノーボード男子ハーフパイプ予選を行い、平野歩夢(木下グループ)は2回目で95・25の高得点をマークした。1回目の87・50点を大きく上回った。

 平野は予選2回目で7人目の登場。米国人のライバル、ショーン・ホワイトの1回目93・25点を上回り、暫定トップとなっている。(五輪速報班)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ