平昌五輪 「まだ出していない技も取りだめている」 金メダル候補の平野歩夢、決勝に意気込み スノボ男子ハーフパイプ

 平昌五輪のスノーボード男子ハーフパイプ予選を3位で通過し、14日の決勝進出を決めた平野歩夢(木下グループ)は競技後のインタビューで、「まだ出していない技も取りだめている」と自信を示した。

 --予選を終えての感想は

 「予選なので、まだ出していない技も決勝に取りだめている。予選だから、とりあえず通ればいいなと。思っていた滑りができて良かった」

 --どんな思いで臨んだのか

「予選より決勝という気持ち。予選に入り込み過ぎないように、抑えて通ればいいと思っていた。その通りの点数が出て良かった」

 --決勝への意気込みは

 「決勝では、自分にできる全てを出せれば良いと思っている。それが完成できれば、結果も良い位置に立てると思っている」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ