平昌五輪 スノーボード男子ハーフパイプの戸塚優斗決勝へ 「メダル持ち帰りたい」

 平昌五輪のスノーボード男子ハーフパイプ予選10位で決勝進出を果たした戸塚優斗(16)=ヨネックス=は「メダルを持ち帰りたい」と意気込んだ。試合後の一問一答は以下の通り。

 --初めての五輪でトップバッター。大きな重圧がかかったか

 「そうですね。やっぱり(1本目は)1番目ですごく緊張したんですけど、2本目はすごく楽しめたので、よかったですね」

 --決勝に向けて一言

 「決勝では(技に)高さも出して、自分の持っている技も出し切って滑り切れたらいいなという感じです」

 --具体的な目標は

 「メダルを持って帰りたいです」

 (五輪速報班)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ