平昌五輪“とんでも”開会式舞台裏 セキュリティーの甘さ露呈、人面鳥にネット騒然

 【平昌(韓国)9日=飯田絵美】午後8時から厳寒の五輪スタジアムで行われた開会式の裏側をリポートする。

 ◆「寒い」を超える言葉は「痛い」

 開会式開始時、平昌周辺の気温は2度。体感温度はマイナス1度と、気温アプリに記された。耳、あご、首筋、手…外気に触れる部分がピリピリと染みるように痛い。会場の目の前を流れる川は、スケートで滑れるくらい完全に凍っていた。

 ◆高額チケット

 「チケットが日本円で6万円もするんですよ。払えるわけがない」

 ボランティアの1人がこうぼやいた。高額な上、寒さは評判通り半端なく、観客全員にフリースの毛布、B5サイズほどの大きな使い捨てカイロ、薄いビニールクッション、ポンチョ、ボールペンが入った“防寒キット”が配られた。だが、「こんなもので寒さはしのげない」と座席から離れ、屋根がある施設内に移動し立ち見をする観客が数百人はいた。

 ◆そっくりさん乱入

 入場行進の中盤、ざわめきが起こった。報道陣の席に突然、トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の“そっくりさん”がコンビで現れたのだ。

 入場行進そっちのけでカメラマンが群がったが、3分ほどすると、2人はボランティアの手でつまみ出された。そもそもこの2人がなぜ報道陣の席に入ることができたのか? 図らずもセキュリティーの甘さを露呈した格好だ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ