スノボ男子ハーフパイプ決勝 片山来夢、2回目でバランス崩す

 平昌五輪は大会第6日の14日、フェニックス・スノーパークでスノーボード男子ハーフパイプ決勝を行い、片山来夢(バートン)は2回目の滑走の中盤でバランスを崩し、ふらつくような様子で競技を中断した。得点は25・00点だった。1回目の滑走は85・75点。(五輪速報班)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ