アルペンの湯浅直樹、1月に左膝手術 五輪出場には影響なし

 平昌五輪のアルペンスキー男子回転に出場する湯浅直樹(スポーツアルペンク)が、1月に左膝の遊離軟骨を除去する内視鏡手術を受けていたことが14日、分かった。全日本スキー連盟(SAJ)の滝下靖之ヘッドコーチが明らかにした。2月に入ってから雪上トレーニングを再開しており、五輪出場に影響はないとしている。

 男子回転は22日に行われる。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ