ラミちゃん、細川を熱血指導「体の開きが明らかでいい状態ではなかった」

 DeNA・ラミレス監督が22日、19歳の細川成也外野手を熱血指導した。打撃練習中に歩み寄り、小川打撃コーチとともに体の開きの修正など手取り足取りのアドバイスを送った。

 「体の開きが明らかでいい状態ではなかった。真ん中から外の球も打てていない。体の無駄な動きが多かった」とラミレス監督。

 細川は高卒2年目ながら、右翼のレギュラー候補の期待を受け1軍キャンプのメンバー入り。奮闘を続けているが、ここまで実戦ではなかなか結果が出ず、焦りが見えていた。2ストライクに追い込まれた際にノーステップの打撃フォームにするクセ付けにも取り組んでおり、何とかきっかけをつかもうと本人も首脳陣も必死だ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ