平昌五輪 失格判定めぐり加熱する中国メディアとネットユーザー

 平昌五輪で20日に行われた女子ショートトラック3000メートルリレー決勝で、中国チームが失格となったことを受け、中国で怒りの声が強まっている。インターネット上では「4年後の北京で見ていろ」と、次の冬季五輪で意趣返しする内容の書き込みが殺到している。

 22日の韓国紙、中央日報(日本語電子版)によると、20日夜に行われたショートトラックは、中国にとって今大会初の金メダルがかかっていただけに、中国の国営中央テレビ(CCTV)は「中国代表チームが決勝に進出し、金メダルに向かって進撃している」と応援を呼びかけていた。

 しかし、中国は韓国と最後まで競り合ったものの2着でゴール。選手らはショートトラックにつきものの「判定」による繰り上げの金メダル獲得を期待したが、中国はカナダとともに失格となり、銀メダルすら逃す結果となった。

 この判定に中国メディアやネットユーザーから一斉に批判の声があがった。

 CCTVは「銀メダルが奪われた」と報じ、「今回の対戦は理解できない部分がある」と訴える中国チーム監督のコメントを繰り返し放送。中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報は「今回の五輪ショートトラック競技で34回の失格判定が出たが、中国チームが最も多い失格判定を受けた」と伝えた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ