安藤美姫さん、金のザギトワを絶賛「もう文句なしの圧巻の演技」 フィギュア

 平昌五輪第15日(23日、江陵アイスアリーナ)フィギュアスケート女子フリーで、ショートプロクラム(SP)1位のアリーナ・ザギトワ(15)=OAR=が239・57点で金メダルに輝いた。

 元世界女王の安藤美姫さん(30)は自身のツイッターでザギトワの演技を振り返り、「4分間の演技があっという間に過ぎました。そしてリカバリーでのルッツ+ループの3回転のコンビネーション。もう文句なしの圧巻の演技。オリンピックでこんな演技が見られる幸せ。素晴らしいそしてエキサイティングな演技でした」と絶賛した。

 後半に全てのジャンプを組み込んだザギトワは冒頭に予定したルッツ-ループの2連続3回転がルッツの単発となったが落ち着いていた。ダブルアクセル-3回転トーループ、3回転フリップ-2回転トーループ、2回転ループを難なく跳ぶと、3回転ルッツの後に3回転ループをつけた。その後も3回転サルコー、3回転フリップ、2回転半を成功させ、156・65点をマークした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ