平昌五輪 小平奈緒愛用“ど派手サングラス”完売状態 狙い目は

 平昌冬季五輪のスピードスケート女子500メートルで金メダリストとなった小平奈緒(相沢病院)が着用する、“ど派手”なサングラスに問い合わせが殺到している。オレンジとイエローの2色のグラデーションが特徴のこのサングラス。小平らの活躍が消費者の購買欲を刺激し、モデルによってはすでに在庫がない状態だ。

 小平が着用するのは米国のオークリー製。同社が展開するゴーグルやサングラスはスポーツ分野に強く、大リーグのイチローやプロゴルファーの松山英樹などの超一流アスリートが愛用している。

 話題の“小平モデル”は「ハーモニーフェードコレクション」という限定モデル。フレームは2色のグラデーションになっており、オレンジはアスリートの内に燃える情熱の炎、イエローは果敢に夢を追い求めるアスリートの道を照らす太陽をイメージしている。

 フレーム素材は超軽量特許素材「オーマター」、ノーズパッドとイヤーソックは汗や雨などの水分を吸収しフィット感を増す「アンオブタニウム」製で、長時間でも快適な着用感を実現するという。

 サングラスタイプとゴーグルタイプがあり、今大会では小平のほか、スピードスケート女子で金銀銅をそろえた高木美帆(日体大助手)やスノーボード男子ハーフパイプ(HP)銀メダルの平野歩夢(木下グループ)、女子HP金メダルのクロエ・キム(米国)ら、国内外の有力選手が着用。中継画面で目にしない日はないほどだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ