平昌パラ 日本選手団第1陣が出発 大日方邦子団長「数々のドラマを」

 9日開幕の平昌冬季パラリンピックに出場する日本選手団の第1陣約30人が3日午前、羽田空港から韓国へ出発した。空港では出発セレモニーが行われ、大日方邦子団長は「大勢の方に見送ってもらうことで気持ちも盛り上がってきている。しっかり調整して選手は数々のドラマをお送りできると思う」と意気込みを語った。

 選手団主将を務めるパラアイスホッケーの須藤悟(日本協会)は「いい成績を残せるように頑張る」と引き締まった表情で話した。選手はチームメートの「平昌へ行くぜ!」のかけ声とともにガッツポーズで記念撮影。航空会社のスタッフらの拍手に送られながら笑顔で機内に乗り込んだ。

 五輪と同じ舞台で開催される障害者スポーツの祭典は、9日から18日までの10日間、6競技80種目でメダルを争う。日本は前回ソチ大会の6個を上回るメダル獲得が目標で、車いすカーリングを除く5競技に38選手が出場する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ