電撃決定!イチロー、マリナーズ復帰 外野故障者続出で白羽の矢 “二刀流”大谷も対戦を熱望

 【グッドイヤー(米アリゾナ州)5日(日本時間6日)=片岡将】イチローがシアトルに帰ってくる。米大リーグ、マーリンズからフリーエージェント(FA)になったイチロー外野手(44)が、2012年途中まで11年半所属していたマリナーズとメジャー契約で合意した。今季がメジャー18年目となる。マリナーズは大谷翔平投手(23)のいるエンゼルスと同じア・リーグ西地区に所属しており、“生きる伝説”vs“二刀流”の対戦も実現することになる。

 現役最年長野手となる。すでにキャンプが始まって半月が経過。移籍先が決まらず、崖っぷちだったイチローの所属先は、慣れ親しんだ古巣だった。1年目の2001年から12年7月まで在籍したマリナーズとついに契約することで合意した。

 マリナーズの今季の外野陣容はすでに決定しており、本来は入る場所はなかった。しかし、故障者が続出しており、左翼のギャメルがオープン戦に入って右脇腹を負傷。さらに右翼のハニガーは右手を痛めている。昨季123試合に出場したヘレディアは昨年10月に右肩の手術を受けた。万全なのは、マーリンズからトレードで加入し、二塁手から中堅手となるゴードンくらいなものだ。

 特にギャメルのけがは長引きそう。現地報道によると「4週間から6週間の離脱で、開幕は絶望」とされており、イチローに白羽の矢が立った。他にも、エース右腕ヘルナンデス、一塁手ヒーリーも右腕などに不安を抱えており、ベテランのイチローが最も元気なくらいだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ