平昌パラ スノーボード、距離勢が韓国へ出発

 平昌冬季パラリンピックに出場するスノーボードとスキー距離の日本代表が8日午前、羽田空港から韓国へ出発した。大会は9日に開幕する。

 スノーボード2種目で金メダルの期待が懸かる成田緑夢選手(近畿医療専門学校)は「楽しみ。見ている人にドキドキしてもらえるようなレースがしたい」と笑顔。一昨年のリオデジャネイロ夏季大会のパラ陸上走り幅跳びで銀メダルを獲得した山本篤選手(新日本住設)は「冬の雰囲気を楽しみたい」と話した。

 距離勢も出発し、6大会連続代表の新田佳浩選手(日立ソリューションズ)は「やることはやってきた。あとは運を天に任せて頑張る」と意気込みをのぞかせた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ